渡辺雅典
渡辺雅典

アップルとマイクロソフトが仕掛けたことで、
日本でもパソコンの普及率が加速したころ、
同時にオンラインショッピングも市場を広げていました。

そこで渡辺雅典さんは、アフィリエイトに注目しました。
時代のタイミングをつかんだのです。

渡辺雅典さんは、趣味としてパソコンを利用していました。
趣味としてだけではなく、
パソコンで生計を立てることができると考えて、
アフィリエイトの研究に費やした結果、
着手して2か月で月収40万、
さらに3か月後には100万という収入を得られるようになりました。

渡辺雅典さんが、次に注目したのは、携帯電話の普及です。
パソコンでのアフィリエイトの次は、携帯アフィリエイトだと考えました。
携帯アフィリエイトに切り替えたところ、狙いが当たって、
しっかりと利益を獲得しました。

渡辺雅典さんは、アフィリエイトで稼げることを多くの人に知ってもらおうと考え、
パンダ株式会社を設立しました。そこでは、インフォビジネスを展開しました。

その後、渡辺雅典さんは、CiBSアカデミーを開設した蝶乃舞さんの考え方に賛同したことで、
インターネットビジネススクールで講師を務めています。

渡辺雅典さんが次々とチャンスをつかんでいくのは、発想の柔軟性があるからでしょう。